口臭と舌の関係

口臭の原因に大きく関係するものの一つが舌です。
では、どのような舌が口臭の原因になるのでしょうか。

正常な舌は薄っすらと白い舌苔(ぜったい)がついており、舌乳頭(舌の表面にある赤いブツブツ)もみずみずしくハリがあります。
最近は舌を掃除する道具がたくさん出てきており、舌苔がついていない綺麗なピンク色が良いと思われる方が多くいらっしゃいますが、舌苔を取りすぎると帰って口臭の原因となってしまいます。

豊田市からも近い「すまいる歯科」
愛知県岡崎市と豊田市の境目に位置します。 最寄り駅:愛知環状鉄道「北野桝塚駅」。
一般歯科・小児歯科・インプラント・審美歯科・予防歯科・矯正歯科
http://www.smile-shika.jp/

では、口臭に繋がる舌とはどのような舌なのでしょう。

<黄色い舌苔がついた状態>
タバコを吸う人、軽度の歯周病、虫歯、体調不良などにより黄色い舌苔がつきます。
あまり酷くなければ口臭に繋がることはありませんが、重度になると口臭に繋がる場合があるので注意が必要です。

<舌苔がまったくないピンク色の状態>
綺麗な舌で口臭に繋がらないと思われがちですが、この舌は異常です。
舌が熱を持ち、酸味感のある口臭につながります。

<舌全体が真っ白で分厚い舌苔がついている状態>
舌全体にびっしりと白い舌苔がついており、舌乳頭も確認できない状態です。
この舌は口臭に繋がる危険性が高いです。

このような異常のある舌は体の不調からくることが多く、舌の掃除をしなかったからといって起こるものではありません。(基本的な口腔内の掃除は必要です)
ですので、過剰に舌苔を取らずに体の不調をまず治すことが口臭予防に繋がります。
正常な舌を保ち、爽やかな息でいたいものですね。